新型コロナ対策ご意見募集《医療・保健・衛生》

【新型コロナウイルス感染症を抑え込み、いのちを守るために】

発生以来、現場の皆さんが大変な状況の中ご努力いただいている「医療・保健・衛生」の分野。
ここには多くの課題があります。
・「緊急事態宣言」の発動条件や解除条件などが数字に基づいてあらかじめ決まっていないこと。
・政府はPCR検査数をふやすことについて「15000の枠を2万に増やす」方針を言い募るばかりでその15000さえ活用できていないこと。医師の推薦でも検査を受けられない「自宅待機」患者続出、また発熱待機者多数で感染の実態もわからない状況が何ヶ月も続いていること。医師会や歯科医師会、自治体が独自の検査をはじめている。抗体検査についても全国規模でスタートしていない。
・普段からギリギリの人数で運営されている医療機関と「医療崩壊」を起こさないための対応
・軽症者向けの待機場所の用意(「ホテル21万室」発表あるも根拠示されず)
・マスク、消毒液、防護服など衛生用品の不足と「いつごろ準備できそうか」の情報不足
・治療薬の開発
・病院だけでなく福祉施設や老人施設、保育園などの厳しい状況
・医療、保健、衛生分野の現場のみなさんの疲弊

「いのちを守るために、あらゆる手段を総動員」
世界中が協力してウイルスの抑え込みに努力していますが、困難な現状や現場からの提言、他国の良い事例を参考にしたアイデアふくめ、こちらにお知らせください。

●まずは、PCR検査の数を増やすこと