• お問い合わせ
  • リンク

facebook

モリモリチャンネル 1分でわかる!!モリモリ政策

動画一覧はこちら

NEWS

  • 新着
  • お知らせ
  • 提言・主張
  • 活動報告
  • 2020/3/23

    NEW

    与野党協議会を設置~緊急対応は与野党を越えて~

     世界的なパンデミックとなった今回の感染症を受けて、22日時点で日本人の入国禁止(131ヵ国・地域)と入国後の行動制限(78ヵ国・地域)となっています。感染拡大を抑えつつ、重症者への対応に更に重点をおくべき段階です。 3月19日、新型コロナウイルス感染症対策に関する与野党協議会がスタートしました。私たちは東日本大震災の反省から有事には与野党を越えてやるべきだ、の信念のもと「与野党を越えて」と訴えてきましたが、ようやくの設置となりました(東日本大震災の時は1週間後の3/18に設置されています)。これまで政府の対応は後手後手にまわってきましたが、今後はここで対策をまとめて実行します。 まずは緊急対策として検査や治療の体制強化のほか年度末に向けての生活資金や中小企業の運転資金の補填や補償。そして学校の再開や中長期的な経済社会政策。 毎日、各省庁とやりとりしています。「緊急・中期・長期」に関わらず、            皆さまのお困りごとやご意見・提案をお待ちしています!

  • 2020/3/18

    NEW

    元気モリモリ!!!イベント中止のお知らせ

    開催を予定いたしておりました・元気モリモリ!!!座談会・始発から終電までマラソン街頭キャンペーンですが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、開催を中止させていただくこととなりました。ご参加をご検討いただいた皆様、関係者の皆様にはご迷惑をおかけする事となり、申し訳ございません。 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 新型コロナ対応〜与野党を越えて3月16日現在で中止を決定したのは以下のイベントです。 ◆元気モリモリ!!!座談会  第219回 ■日時:2020年3月28日(土)17:30~ ■場所:錦西校区地域会館    (堺市堺区桜之町西3-3-5)  第220回 ■日時:2020年4月5日(土)14:00~ ■場所:浅香山校区地域会館    (堺市堺区浅香山町1-5-5)◆始発から終電までマラソン街頭キャンペーン ■日時:2020年3月27日(金)始発5:09~終電24:43 ■場所:南海本線 七道駅

  • 2020/3/16

    新型コロナ対応〜与野党を越えて

     今年1月に武漢市でコロナウイルスによる初の死者、2月には日本で初の死者が出ました。昨日までに日本国内での感染者は676人となり更に拡大を続けています。国内での感染で亡くなった方々だけでも既に19名です。全世界では11日18時の時点で12万人近くが感染。死者は4300人にのぼりWHO(世界保健機関)ではついにパンデミックを宣言しました。 こうした中で安倍総理と日本政府の対応は後手後手です。①「東京オリンピック開催への影響」を恐れてか、全体的に対策も情報も小出しにする危機管理上最悪の対応②「習近平主席来日」に忖度からか真っ先にやるべきだった中国からの渡航禁止を先延ばし③クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」では政府一体で知恵を集めて対応すべきところを厚生労働省主導で結果的に多くの感染者を出し、最後は公共交通機関での帰宅という間違った対応など、これらはこの期に及んでも森法相のような問題閣僚を抱えたままの安倍政権に猛省を促すとともに今後追及していきますが、我々は最初から「災害対策は与野党を越えて」の原則を遵守して日本での感染拡大防止策として今も厚生労働省のウェブサイトにある「新型インフルエンザ対策の総括」を活用して対策をとるとともに私たちが民主党政権の2012年成立させたインフルエンザ特措法を適用するよう訴えて来ましたが、政権は法適用から逃げたままその場の思いつきでマスクの確保や学校の休校などの要請を続けてきました。 情報隠蔽体質の安倍自公連立政権でも証拠保全させるべく「歴史的緊急事態」に指定させるとともにようやく法改正という形で対応が前進しました。 ●マスクや消毒液など防疫のための物資不足 ●休業補償 ●学校休校対応と再開のメド ●経済への打撃と年度末の支払い対策 ●オリンピックに向けた対応など多くのご意見をいただいています。 「立憲民主党災害対策局長代行」として西日本を担当する私は各省庁と毎日やりとりしていますのできめ細かな日々の問題含めてご意見ください!

  • 2020/3/9

    「新型コロナウイルス」肺炎対策を急げ2

     新型コロナウイルス感染症対策については「災害対策は与野党を越えて」の原則で政府が迅速に対応できるよう、森山は党災害対策局長代行として政府に情報提供や提案をしてきました。 ところがクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」対応があまりにも遅れたことで国会で「やり方」についても議論する段階になり、連日野党も対策本部会議を開催しています。 そこで ・厚労省任せではなく災害級の政府全体の取り組み ・平成22年新型インフルエンザ抑え込み時の総括資料(現在厚労省ウェブサイトで閲覧可)の活用 ・科学的な知見の正確な発表と買い占めの防止 ・検査キットと検査数の増加 ・発症者の治療薬開発 ・学校や病院など社会対策 ・クルーズ船の失敗からの学び ・中小個人企業の資金繰りなど経済対策 ・新型インフルエンザ特措法の適用か、法改正かなどの議論を重ね、とにかく迅速な対応を取れるよう協力しています。 ところが  ・政府で責任ある正確な情報発信ができていないこと ・クルーズ船内で「危険なレッドゾーンと安全なグリーンゾーン」の線引きをした厚労省職員が多く感染、 その線引きがいい加減だと思って無視した自衛隊では感染ゼロなど、行政内部での連携が取れていない事態 ・2週間の自粛期間後の対応 ・経済対策も大企業優先で中小個人事業者分が具体的でないなど、早急に改善し、結果を出すべき課題があります。連日の会議で提案していきますので、みなさんからの現場の声をください!

  • 2020/2/29

    元気モリモリ!!!座談会開催中止のお知らせ

    開催を予定いたしておりました元気モリモリ!!!座談会ですが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、開催を中止させていただくこととなりました。ご参加をご検討いただいた皆様、関係者の皆様にはご迷惑をおかけする事となり、申し訳ございません。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。「新型コロナウイルス」肺炎対策を急げ2月29日現在で中止を決定したのは以下の座談会です。第216回■日時:2020年3月7日(土)14:00~■場所:喫茶エスペランザ   (堺市北区北長尾町1-4-3)第217回■日時:2020年3月7日(土)19:00~■場所:神石校区緑ヶ丘集会所   (堺市堺区緑ヶ丘南町2-1-6)第218回■日時:2020年3月14日(土)17:00~■場所:八下西校区地域会館   (堺市東区引野町1-7-83)

  • 2020/2/29

    「新型コロナウイルス」肺炎対策を急げ

     森山は、党災害局長代行として「危機管理は与野党をこえて」の理念のもとに、政府与党に協力して情報提供やフォローをしてきました。そこへ今回の新型コロナウイルス肺炎ですが、複数の大臣がコロナ対策会議をさぼって地元活動を優先するなど、あまりの危機感のなさには驚かされます。また、他国に比較して検査数が圧倒的に少ない(特に大阪府は少ない)ことも問題です。 そこで、森山自身が船内の乗客から直接携帯で連絡をもらってきたクルーズ船での隔離やその後の対応が不十分であったことなどを受け、野党共同会派として、直接担当官庁に注文をつけて具体的な対応策を前進させていく方針に切り替えました。 当初より、厚生労働省の衛生部門がタテワリで対応するのではなく、危機管理を担当する内閣府などを中心とした政府全体での「災害級の対応」を求めてきましたが、いまだに毎日の会見は厚労大臣です。多くの方が生命の危険や不安に直面する中、オリンピック開催も危ぶまれています。被害を小さく見せようとせずに徹底した情報公開を基本とすべきです。 また、平成22年の新型インフルエンザ対策の総括資料を貴重な経験として活用するとともに検査体制や治療薬・経済対策などを野党から提案していますが、政府与党は、予備費を中心にたった153億円(東京都の対策予算は400億円にのぼる)しか準備しません。せっかく国会を開会しているのだから昨年末に作った予算の範囲内ではなく桁の違う予算の組み換えをすべきです。 みなさんおひとりおひとりが感染予防のため手洗いうがいを徹底し手に入ればマスクや消毒液を利用するなどしながら、「これどうなっているの?」といった要望や質問を日々伝えていきますので、どんどんお寄せください。

一覧を見る

活動報告 モリモリブログ

ページトップへ