• 旧サイト
  • お問い合わせ
  • リンク

facebook

ホーム > What's new > 「新型コロナウイルス」肺炎対策を急げ2
WHAT'S NEW

2020/3/9

「新型コロナウイルス」肺炎対策を急げ2

 新型コロナウイルス感染症対策については「災害対策は与野党を越えて」の原則で政府が迅速に対応できるよう、森山は党災害対策局長代行として政府に情報提供や提案をしてきました。
 ところがクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」対応があまりにも遅れたことで国会で「やり方」についても議論する段階になり、連日野党も対策本部会議を開催しています。

 そこで
 ・厚労省任せではなく災害級の政府全体の取り組み
 ・平成22年新型インフルエンザ抑え込み時の総括資料(現在厚労省ウェブサイトで閲覧可)の活用
 ・科学的な知見の正確な発表と買い占めの防止
 ・検査キットと検査数の増加
 ・発症者の治療薬開発
 ・学校や病院など社会対策
 ・クルーズ船の失敗からの学び
 ・中小個人企業の資金繰りなど経済対策
 ・新型インフルエンザ特措法の適用か、法改正か
などの議論を重ね、とにかく迅速な対応を取れるよう協力しています。

 ところが
 ・政府で責任ある正確な情報発信ができていないこと
 ・クルーズ船内で「危険なレッドゾーンと安全なグリーンゾーン」の線引きをした厚労省職員が多く感染、
 その線引きがいい加減だと思って無視した自衛隊では感染ゼロなど、行政内部での連携が取れていない事態
 ・2週間の自粛期間後の対応
 ・経済対策も大企業優先で中小個人事業者分が具体的でない
など、早急に改善し、結果を出すべき課題があります。

連日の会議で提案していきますので、みなさんからの現場の声をください!

ページトップへ