新型コロナ対策ご意見募集《情報公開と発信》

【政府の発信する情報の信頼性を高めるために】
緊急事態の今、ネットでもリアルでもどうしても「デマ、誇張、偽」の情報が飛び交います。こんな時だからこそ、政府はできるだけトップが前に出て定定会見などできめこまかく「わかっていることと、わかっていないこと」「根拠のあること(事実)と、ないこと」「意見や願望」などに分けて発表することが安心につながります。

様々な部署の責任者がバラバラに前に出てきて、マスクの月産枚数や準備する病床の数、あるいは「軽症者用に21万室準備」など根拠が示されないままの発表ができるのかできないのか、その後訂正もされずにそのまま放置されるなどという事態は状況を悪化させます。

また、「アベノマスク」発注を受けた4社目の社名を隠蔽し、4月27日にようやく発表すると脱税の過去がある公明党の関係者といった事実が明らかになると「こんな時に火事場泥棒的な動きをしてやましいから隠したのか」と、不信が募ります。

政府発の情報の信頼性を高めるためにも、「根拠のない発表」などの情報をお寄せください。確認していきます。

●ひた隠しにされたアベノマスク「4社目」
https://dot.asahi.com/wa/2020042800085.html?page=1

●正確で迅速な情報発信を
https://twitter.com/moriyamahiro/status/1254785860064571396…