• 旧サイト
  • お問い合わせ
  • リンク

facebook

ホーム > 森山の志
森山の志

政治家の森山の「志」。子どもたちの笑顔と未来のために

私の考える政治とは、「自立」「共生」「持続可能」な社会づくりです。
「自立と共生」は本来個人の問題ですが、そのための努力を後押しするシステムづくりをすることです。
特に地球環境の問題、財政赤字の問題、教育の問題で対立が顕著に現れます。
「持続可能な社会づくり」は、世界の平和と人類の永続的繁栄・幸福だと考えます。

森山ひろゆきの考える「あるべき社会の姿」

政治姿勢

森山の基本は「現場主義、行動派」

あるひとつの主義に振り回されることによって行われる
現場の実態とかけ離れた政治・行政は未来を食いつぶす元凶のひとつです。
森山はアタマで考えるだけでなく現場へ足を運び、自分で確かめながら質問・提言するスタイルを基本にしています。

01しがらみなき改革(政策中心の連携)

一部の人だけがトクをする「利権」ではなく未来に軸足をおいた社会全体のための改革へ。
森山は無所属時代から、「無党派」というより次代への責任の視点から協力できる部分で 幅広く協力する「超党派」で活動してきました。
立憲民主党でも幅広い視点や議論の中からより良い答を導き出し、改革に取り組みます。

02情報公開(信頼関係の再構築)

政治・行政不信の根幹は「何をしているかわからない」事。信頼関係の再構築は急務です。

森山は「みずからの徹底した情報公開」の観点から時間(一行日記・ブログ)、金(報酬・ 調査費全面公開)、考え方や発言を議会ごとの報告書(5~13万部、市内27駅で早朝配 布)やホームページ・メールマガジンで公開。その上であらゆる場面で行政情報公開を推進してきました。

03協働(がんばるみんなとネットワーク)

まちづくり、社会づくりの主人公はそこに住む市民です。情報公開が十分なされれば、あとは市民がどれだけわがまちや社会を愛し、行動できるかに かかっています。

森山は各種ボランティア活動やまつり、文化活動に参加し、タテのピラミッド組織ではなく ヨコのネットワークを分野を越えて結んで活動しています。 今後更に進めて行政との「協働」で社会を立て直してゆきます。

子どもたちの笑顔と未来のために-私たち大人の役割

「人のせいにしない」

悪口ばかりいう大人は子どもに悪影響を与えます。 前向きに、自分で出来ることからとりくみましょう!

「胸を張って、笑顔で生きている姿を見せること」

まずは、自分自身のあり方。大人が下を向いて暗い顔をしていたら、 子どもに「夢を持て」という言葉が通じません。

「次代に向けて政治や行政といった社会システムを改革すること」

今さえよければいい、という醜い姿ではなく、 「次代のことを考えている」大人の後姿は子どもを勇気づけます。

「子どもたちの夢や希望に向き合うこと」

ひとりひとりの中にある「夢」「希望」を発見する手助けをするのも、 大人の役割です。

「子どもたちの夢や希望に期待し、応援すること」

「希望」はがんばればむくわれるときに生まれ、 周囲の期待によってふくらみます。 未来を明るくするのは直接は私たち大人ではありません。 子どもの夢や希望をはぐくむ社会をたてなおしましょう!

もりやまひろゆきから、こどものみなさんへ。

ゆめ や きぼう を せいいっぱい ふくらまそう!!

わたしは もりやまひろゆき です。

せいじの しごとを しています。

せいじは ひとりひとりの ゆめや きぼうを てだすけする しごとです。

みなさんは ひとにいわれるからではなく じぶんでじぶんのことをきめる 「 じりつ 」 と
ひとのことを おもいやり、ちきゅうぜんたいや しゃかいのことを きにかける 「 きょうせい 」 の かんがえかたをもって おとなになります。

そして みらいのことを いまとおなじように だいじにおもう 「 じぞくかのう 」 な しゃかいをつくることが せいじの やくわりです。

みなさんも 「 じぶんのしょうらい 」 のゆめを じつげんするために
きょうのもくひょう ことしのもくひょうを たてて おとなのひとに はなしてください。

きっと おうえんしてくれるとおもいます。

そして よかったら ぼくのところにも めーる ください。

できるだけ おうえんしますよ。おまちしています。

もりやま ひろゆき

ページトップへ