【政治活動】ようやく政治もピラミッド型組織の時代から、ネットワークの時代へ。

技術が飛躍的に進歩し、世界のさまざまなカベが大きく崩れる時代。
移民や難民が国境を越えるはやさと規模はこれまでの想像をはるかに越え、
経済の世界では日本のケイレツなどの商慣行は変化を余儀なくされ、
インターネットの世界では日本や世界の問題や課題、解決策について
そもそも情報発信は玉石混交ではあるもののその速さはこれまでと比較にならない。
マスコミを追い越してどんどん個人の発信が増えています。

「草の根からの民主主義」「まっとうな政治」
昨年10月の総選挙で多くの皆様からいただいた「ご期待」とはなにか。
もちろん、さまざまな理由や期待の集合体であることは間違いありませんが、
森山自身は99年堺市議会初当選(無所属)の時からの基本姿勢「情報公開・市民参画」によって
多様化する社会の中でより多くの人の参加により問題を解決する!
というスタンスを徹底することがご期待の中心であると感じています。

これまでの、すべてを組織内で対応する「ピラミッド型組織」による問題解決だけでは漏れてしまう
多くの問題・課題を、組織をオープンに開いていく中で、
お互いの得意分野や専門性で助け合う「ネットワーク型」に変えていく。
役所や企業・政党などの組織も柔軟性を高めていくことが必要です。

4月16日に募集を開始した「立憲パートナーズ」の制度の発足、
5月27日にスタートする「立憲パートナーズアカデミー」
いずれもそんな新しいネットワーク型の「政治のカタチ」を求めて、はじめます。
ぜひ、ご参加ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━あなたの声を形にします!森山浩行事務所…

森山浩行を育てる会さんの投稿 2018年4月16日(月)