【追悼】阪神淡路大震災から24年

【阪神淡路大震災から24年】

1995.1.17。
阪神淡路大震災から二度目の「亥年」。
亥年の私も、4回目の年男。
▼当日、学生時代の私は東京の下宿。「うちは、大丈夫やから!」と堺の母の電話で起こされました。寝ぼけ眼で「うん、わかった」と応えたものの、実態が報じられるころには東京からの電話はつながらず。その被害に、茫然。
▼卒業試験を終えて現場に立ったのは2週間後。神戸大に通う高校の同級生が用意してくれたドラム缶で露天風呂を沸かすなど、カンボジア学校建設の仲間と一緒に長田区役所前でボランティア活動。
▼95年春、関西テレビに入社。営業局での研修中は週末被災地に。翌年、報道部記者に。事件事故取材の合間に被災地ボランティアの企画取材。
▼97年、神戸支局記者に。日常取材のかたわら翌年1月17日「震災三年ドキュメンタリー」のディレクターとして仮設の生活と復興住宅への移行をテーマに仮設住宅の取材。
▼99年春、堺市議会議員当選。その後府議会、衆議院と続く政治活動・議員活動の中で国内外で頻発するたくさんの震災や風水害。危機管理や防災。被害、被災、緊急対応、復旧復興。東日本大震災では与党議員として茨城県やボランティアを担当。
▼昨秋からは新設の「立憲民主党災害事故等対策副局長」に。ボランティアとして、記者として、政治家として、現場に臨んできた経験を胸に、あらゆる人の営みの根底に「安全」があるとの信念で多くの方の命を、涙を、汗を、おもいを、無にしない政治を。
▼その想いを忘れない。この日は毎年、現場かテレビ画面で黙祷を捧げています。
あらためて、震災で命をなくされた皆様に黙祷。

【政治活動】立憲民主党・今年初めの「大作戦」を堺で開催しました!

立憲民主党では枝野幸男代表を迎えての街頭演説会を「大作戦」と位置付けて全国展開しています。

そんな中、「今年初」の大作戦に選ばれたのが、堺。南海高野線北野田駅ロータリーで13日13時半から開催しました。迎える私たちも緊張感を持って準備してきましたが、ロータリーの歩道はもちろん、二階のデッキまで埋め尽くす観衆の中お訴えすることができました。大阪府連の国会議員団のほか、かめいし倫子参議院総支部長、16区からは池田 一紗東区堺市政対策委員長、竹田 進一 (竹田進一)堺区堺市政対策委員長※しのはら香北区堺市政対策委員長はインフルエンザで欠席※からも訴え。

国会では「正確な数字や資料さえ出さない」自「公」政権の隠蔽体質や、大阪ではいわゆる「大阪都構想」で維「公」が有権者そっちのけで密室談合政治をしてきたことが暴露されるなど、現在の政治の劣化は政策以前でもあります。

つどっていただいた皆様(約480人)に感謝。
そして、
あらためて「まっとうな政治」へ向けて、前へ。

北野田の街宣「堺大作戦」の後、枝野代表参加のもと竹山堺市長はじめ多くのご来賓においでいただいて「立憲民主党大阪府連合新春の集い」開催。

統一地方選に挑戦を予定している府内各地のの仲間(堺からは竹田 進一池田 一紗 (Kazusa Ikeda)小堀 セイジ西 哲史しのはら香はインフルエンザで欠席)、夏の参議院に挑戦するかめいし倫子 それぞれからの決意表明。
「ボトムアップの春、立憲の夏」に向けて頑張ります‼️

連休中日にもかかわらずシティプラザの会場いっぱいの皆様(500名以上)においでいただき、また立憲大阪立ち上げ以来の活動を写真で記録されている市民によるパネルを展示していただくなど、「草の根からの民主主義」を標榜する立憲らしい会となり、こころから感謝申し上げます。

【政治活動】1月・2月活動予定

【1月】

立憲民主党堺大作戦

13日(日)13:30~ 北野田駅にて※枝野幸男代表

立憲民主党大阪府連合新春の集い

13日(日)17:00~ シティプラザ大阪※枝野幸男代表

立憲きんき月イチ街宣

19日(土)11:00~ 天王寺MIO前

第199回元気モリモリ!!!座談会

26日(土)19:00~ 神石校区地域会館

 

【2月】

元気モリモリ!!!新年会

11日(祝)18:00~ はや総本店パンタロンルーム

立憲きんき月イチ街宣

10日(日)11:00~ JR京橋連絡通路

【政治活動】新年の決意(国政の自「公」、大阪の維「公」の密室政治を変える!)

謹賀新年

平成31(2019)年が始まりました。

次の十二年の準備を表す「亥年」は唯一統一選と参院選が重なる亥年選挙と相まって年男の私にとっても大事な年、と感じています。

安倍自「公」連立政権における情報隠ぺい体質(森友学園や加計学園など首相の「お友達」に関連する文書の改ざんや数字の書き換えなど)、「国民の生命と財産を守る」という政治の役割を放棄したかのような外資規制のないままのPFIや改正水道法、種子法、漁業法による外資の導入、公明党が主管大臣として主導した外資を導入してのカジノ、同じく公明党が主導する消費税10パーセントへの値上げと軽減税率による目くらまし(多くの中小零細企業はこれへの対応が大変で、閉店するという事業主も)、数値目標なき外国人労働者への門戸開放(あまりの内容のなさに衆議院議長が「政令省令の国会提出」を求める異例の対応)など、昨年の国会のひどさはこれまでに例を見ないものでした。そのうえ年明けには労働統計の長年にわたる改ざんを知っていながら政権が放置していた問題が噴出しています。

一方、大阪においては年末に維「公」によるいわゆる大阪都構想(大阪市の廃止)について府民・市民ほったらかしで「密約」していたことを維新の知事みずからが暴露する事態に。維新・公明による非難合戦の様相を呈していますが、そもそも「密室政治」を推進してきたことのツケがここに露呈してきたのだとあきれるばかりです。

立憲民主党スタート以来「まっとうな政治」を訴えてきたこの間、「日本の政治はどこがまっとうではないのか?」と常に問われてきましたが、この一年あまりの国会における議論で、明らかになってきたのではないかと上記の多くの事例を示しながらお答えできる段階にきました。まずは隠ぺい体質や密室政治をあらため、「誰もがお互いさまに支えあう社会」へむけて全力で活動します。