決 意

この度、私 森山浩行は「立憲民主党」で国政へ挑戦を決意しました。

「子どもたちが、どんな環境で生まれ育ってもしっかり医療や教育を受け     社会で 活躍できる日本・そして世界へ。」                  学生時代難民キャンプで活動した、私の原点です。

ジバン・カンバン・カバンのない森山浩行が徒手空拳の無所属で堺市議会におくっていただいてから18年。「政権交代のある二大政党制」を目指して国政挑戦を決め、 民主党に合流したのが10年前。政権交代を実現し、与党衆議院議員としての活動。 そして政権運営の拙さから下野し、まもなく5年。党勢が急降下する中、ブレることなく愚直に生まれ育った堺市で活動を継続してきました。

急転直下9月28日、今回の解散総選挙に当たり「民進党は今回の総選挙で公認候補を 擁立せず」希望の党へ合流する方針が決定されました。10月3日、堺を愛する私は  選挙区替えではなく、民進党の政策を引き継ぐ「立憲民主党」への合流を決めました。

・森友学園疑惑など「政治の私物化」を止める!

・8%にアップしてもサービスが上がらない現状での10%への消費増税凍結。

・幼児教育の無償化と大学奨学金の拡充。

・みんなが安心して暮らせる制度(日本型ベーシックインカム)導入。

・保育士・介護職員の給料アップと、年金支給漏れの徹底調査。

・地域にあったまちづくりをするための「一括交付金」の復活。

・森山のライフワーク、水循環基本法にもとづく個別法の改正。

・・・やりたいこと、やらなければならないことは山ほどあります。

あらためて、政権交代のある二大政党制へ。                  これまでの活動のすべてを賭けて臨みます。

皆様の熱いご支援をお願いいたします。

子どもたちの笑顔と未来のために。

【森山の原点】初心忘るるべからず

4月8日、46歳の誕生日に際してはたくさんのお祝いメールやご連絡をいただきました。ご厚情に心より感謝申し上げます。

「初心忘るるべからず」の言葉にあるように、27歳の正月に政治活動開始をお知らせした手紙を掲載します。

本年もよろしくおねがいします。

http://h-moriyama.jp/pages/profile/city/index.html

●どうして政治家になったのか

「なぜ政治家になったのか」

当然ながら今の世の中に対して怒りをもっているから、もっとよくしたいから、というのが基本にあります。
では、どうして政治家という手段なのか、ここでは1999年1月、政治活動の開始にあたってそれまでお世話になった方々へお送りした手紙をご紹介します。

ご挨拶
拝啓 激寒の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、心より厚くお礼申し上げます。

私儀         

昨年十月三十日をもって関西テレビ放送株式会社を退職し、来春の統一地方選挙において政治の刷新をめざすべく出馬を決意しました。記者の目からの徹底した情報公開によって政治を身近なものにし、従来の政党の枠にとらわれず市民やNGO(ボランティア)の立場から発言すべく、当面無所属で活動します。
この日本を覆っている暗い閉塞感を払拭し、「二十一世紀の地球共生社会」をめざして努力する所存でございます。
在職中、また新金岡小学校、錦西小学校、月州中学校、三国丘高等学校、明治大学などこれまでの人生において皆様には一方ならぬお世話を頂き、大変感謝致しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。
事後となり大変失礼とは存じますが、私が政治活動に移ることになった経緯をご報告致します。
私が九十二年末、「カンボジア帰還民救援」のNGO(国際ボランティア)の仕事に参加したとき、難民キャンプから帰ってきたばかりのカンボジアの青年が、まっすぐに何もない国土と地平線を見詰め、「この国は僕たちが創ってゆく」といった言葉を忘れられず、以来学生時代にロシア、旧ユーゴスラビアなどでの人道援助に次々加わりました。戦争や地雷や貧困や病気など想像を絶する現実を目のあたりにするとともに国連や外国のNGOの仕事も見ることができました。たくさんの「援助」が現地の人々の自立を促している一方で自立心を蝕む依存型社会を作り出している現実を見ました。そして「日本のNGOが組織としても社会の中でもまだまだ発展途上にある」と感じ、地球共生のために日本でも社会的認知と支援が必要であると思いました。
また、カンボジアなどで問題になっている「自立心を蝕む」構造は日本国内にもあることを関西テレビでの取材活動を通じて感じました。仮設住宅を舞台としたドキュメンタリーで出会った生活保護を受けている男性が「貯金したら打ち切られる生活保護は酒とパチンコに使うしかない」とアルコール中毒に打ち克てないでいる様子を見たとき、「自立」を阻むシステムを変えられない悔しさを感じました。自分で稼ごうと頑張るより保護されれば楽でお金ももらえる、それをわかっていながら誇りを持って働くお母さんに感動しました。
阪神大震災を契機に一気に認知度があがったボランティア活動が社会に根付く様子を取材しようと「ボランティア休暇制度」など日本社会のNGOとの関わりの変化や実際のボランティア活動などの取材を重ねましたが、せっかくできたボランティア雑誌の廃刊など、辛い場面にも立ち会いました。 しかし、日本の社会も変わりつつあります。これまでのようにお役所に「任せきり」ではいけないと思い「できることはやろう」という人もふえてきています。
記者としての仕事は大変有意義でやりがいのあるものでしたが、結局、第三者としてしか関わることの出来ないもどかしさを常に持ちつづけていました。
これからは「自立心を蝕む」カネの使い方を改めて努力が正当に評価されること、「NGO」が社会的認知を得て行政、企業に続くひとつのセクターとして活躍できる事、そのために「情報公開」を徹底し、また税金を使う側は結果責任のほかに説明責任を果たすこと、その上で現状を改善するパワーとなることを目標に主体的に活動します。
「ジャパン カンボジア フレンドシップ プロジェクト」において現場でカンボジアの教育問題にとりくむとともに、「森山・市民情報フォーラム」において実際に情報公開活動を始めました。
「政治の世界」はドロドロだといわれます。そんなところで何ができるとお叱りも受けました。ですがいつまでも利益誘導型の政治で良いはずがありません。私はこの身を政治の世界に投じて風通しを良くし、環境と調和して世界に貢献する人づくりのできる社会づくり、まちづくりができれば、と考えています。
若輩者が志ひとつで始めた活動です。青臭いと笑われるかもしれません。ですが訴えつづければ通じると信じています。社会はみんなが参加しなければ変わりません。
どうかお力添えいただけますよう心よりお願い申し上げます。
今後とも変わらぬご指導の程、重ねてお願い申し上げます。

敬具 

【政治活動】原点・そして継続~早朝配布

sirasagi%e5%88%9d%e8%8a%9d

堺を選挙区とする森山にとって駅頭や街頭で「通勤・通学客」に訴え、報告書を手渡す「早朝配布」は活動の原点であると同時に今でも基本的には平日毎日継続している広聴活動です。

たとえば8月の日程では2日なかもず、3日浅香山、5日堺、9日堺東、10日百舌鳥八幡、12日萩原天神、15日堺市、16日湊、17日白鷺、18日北花田、19日七道、22日堺、23日中百舌鳥、24日北野田、25日向陵中町交差点、26日新金岡、31日石津川、、、と、選挙区内17駅を中心に道路も含めて、現職中も自分のいない日は秘書さんにお願いしながら活動継続しています。

もうまもなく丸18年になります。さまざまお伝えするとともに世論の空気や雰囲気までふくめ、肌で感じることが出来る大事な機会になっています。

【森山の原点】母の七回忌

「4月8日生まれ、人の役に立つように」
「人に迷惑をかけないように」

現職時代に亡くした母に、子どもの頃から何度も言われた印象に残る言葉。【人の役に立つように】は、日々努力していますが、政治という仕事上、周りの方々に【迷惑】はかけっぱなしなのです。それらも含めて、あらためて、「役に立つ」ように、がんばろう。

【民進党】代表選挙、スタート。

【民進党代表選挙、スタート。】

⭕️大阪候補者街頭演説会日程⭕️
本日午後1時15分〜梅田のヨドバシカメラ前で。

国民にとってのもうひとつの選択肢をつくりあげるために、誰が顔になって、どういう打ち出しをしていくか?「自由」「共生」「未来への責任」という現政権に対置する基本理念をもつ民進党の初の代表選挙がスタートしました。3人の候補者が出たことで、より立体的な議論をたたかわせられること、期待しています。

事業仕分けの手腕やハッキリした発言で国民的人気が高く、堺での森山の選挙には毎回駆けつけパーティやイベントにも足繁く応援し続けてくれている蓮舫候補。
民主党政権時代の反省を伝えていること、井手英策教授との共著を出すほど練り上げた「分厚い中間層」にむけた今回の経済政策に注目。森山の母の葬儀に駆けつけてくれた前原誠司候補。
民主党政権時代に重責を担っていない世代。新たに政権政党を目指す森山と09年同期当選で、その後連続当選を重ねてきた5人のひとりで野党になってからは国会質問回数も多く、活躍中の玉木雄一郎候補。

いずれも魅力的な候補者です。基本を共有したうえでしっかりかみ合った議論をみていただいて、「民進党はどういう方向性なのか」国民にお伝えする機会でもあります。もちろん、その後の結束がなにより重要なことはいうまでもありません。

いずれも素晴らしい演説でした。
「今、野党第一党の代表としてたたかうのに最もふさわしいのは?」地元からの聴衆のみなさんの反応は、圧倒的に蓮舫議員。ただ迫力がありすぎるところがあるのでご本人には「スマイル」を要望しましたm(__)m

m%e6%b0%91%e9%80%b2%e5%85%9a

【森山の原点】原爆の日

朝は、浅香山公民館での平和祈念朝起会からスタート。

父の転勤で広島市で過ごした幼稚園時代、たくさんの「原爆」についての体験や資料を見聞きし、二度と繰り返してはならない、と誓ったこと。

「唯一の戦争被爆国」としての責任があると核実験でたくさんの被害を出したカザフスタンに国会議員を代表して伺い、あらためて実感したこと。

原発事故のあと、廃炉を含めて現在の人類の技術力では「平和利用」である原子力発電所さえコントロールできていない現実。

人類の直面しているこの問題について、我が国の負うべき責任は、重い。

8時15分が、「そのとき」。71回目の原爆の日に、おもう。genbaku

先日の堺おおいずみロータリークラブの例会では「堺原爆被害者の会(堺広長会)」中谷会長をゲストスピーカーに、「私の知らない被爆体験」。
広島や長崎で被爆され、堺に在住されている方々で結成されているこの会も、時が経ち、二世の会の皆さんが運営の中心になりつつあります。
中谷会長は71歳。ご自身0歳の時の被爆ですから、自分の記憶にその時のことはありません。被爆から71年。「語り部」の皆さんが語ることのできる最後のチャンスに、DVDと紙芝居を作ろうと、運動中です。

【森山の原点】あるべき社会の姿

あるべき社会の姿

自 立

個人がそれぞれの能力において自分の人生を自分で判断し、行動する責任ある生き方

共  生

自立した個人が手をつなぎ、お互い(人・社会・環境・未来)を愛し、はぐくむネットワークづくり。

持続可能

世界の平和と人類の永続的繁栄・幸福を確保する社会システムづくり。

【森山の原点】森山の政治スタイル

森山の基本は「現場主義、行動派。」

あるひとつの主義に振り回されることによって行われる現場の実態とかけ離れた政治・行政は未来を食いつぶす元凶のひとつです。森山はアタマで考えるだけでなく現場へ足を運び、自分で確かめながら質問・提言するスタイルを基本にしています。

(1)しがらみなき改革(政策中心の連携)

一部の人だけがトクをする「利権」ではなく未来に軸足をおいた社会全体のための改革へ。

森山は無所属時代から、「無党派」というより次代への責任の視点から協力できる部分で 幅広く協力する「超党派」で活動してきました。

民主党→民進党でも幅広い視点や議論の中からより良い答を導き出し、改革に取り組みます。

(2)情報公開(信頼関係の再構築)

政治・行政不信の根幹は「何をしているかわからない」事。信頼関係の再構築は急務です。

森山は「みずからの徹底した情報公開」の観点から時間(一行日記・ブログ)、金(報酬・ 調査費全面公開)、考え方や発言を議会ごとの報告書(5~13万部、市内27駅で早朝配 布)やホームページ・メールマガジンで公開。その上であらゆる場面で行政情報公開を推進してきました。

(3) 協働(がんばるみんなとネットワーク)

まちづくり、社会づくりの主人公はそこに住む市民です。情報公開が十分なされれば、あとは市民がどれだけわがまちや社会を愛し、行動できるかに かかっています。

森山は各種ボランティア活動やまつり、文化活動に参加し、タテのピラミッド組織ではなく ヨコのネットワークを分野を越えて結んで活動しています。 今後更に進めて行政との「協働」で社会を立て直してゆきます。

【森山の原点】国政挑戦にあたって(2007年秋)

「当面無所属」で活動します、と宣言したのが99年。堺市議・大阪府議をつとめ、堺市長選挙惜敗から2年、次期市長選挙での捲土重来を目指して活動してきた私が「民主党で国政挑戦」を決意した理由は、大きく2つです。

1つは、国政における「実質的な選択肢づくり」です。 次期衆議院総選挙は国民の選択次第で「政権交代」が現実的になります。いくら失政があっても、問題があっても、実質的に「政権を担当できる」政党がひとつなら、国民は選び続けるしかありません。 「安倍前首相の政権なげだし」のあとを自民党の首相がつとめる現状は、やはりおかしいのではないでしょうか?「二大政党」を中心とした政権交代の制度があれば、政権交代によって大きく改革をすすめることができます。英米をはじめ、多くの国ではすでにこの制度を確立しています。日本で民主主義の新たな段階を拓くには、今回がチャンスです。

2つは、社会全体における「実質的な選択肢づくり」です。 民主党は国政のみならず「知事選・政令指定都市長選」でも覚悟を決め、連立与党と別の候補で選択肢を示す方針です。ひとりでは「無所属で市長」というひとつの選択肢しかつくれませんが、今度は民主党で国・府・市を通じてトータルに選択肢をつくってゆくことができるようになります。

「子どもたちの笑顔と未来のために」 政治活動をはじめて9年、自立と共生、世界平和を目指しての基本的な方向に、そして「現場主義・行動派」の手法に、もちろんブレや迷いはありません。28歳から皆様に育てていただいた「政治家・森山」をどの場で活かすべきか?について考え、悩んだ末の決断です。そして、決めたからには、全力であたります。

※民主党本部幹事会で10月10日に公認予定者として 決まった直後のメルマガより。


  • 政権交代可能なシステムづくりと健全な議会制民主主義の確立。
    (権力は腐敗する。絶対権力は絶対に腐敗する)
  • 日本の国際貢献で世界の子どもたちの環境を改善し、世界平和に資する。
  • 国民の生命・財産はもちろん、自立と共生を基調として人々の実質的選択肢を守る。
  • 置かれた状況に関わらず、まじめに働き、生きる人が報われる社会システムづくり。
  • 社会的・経済的なセーフティネットをきちんと構築すること。
  • 財政や地球環境問題で持続可能なシステムをつくり、次世代に負担をのこさない。
  • 憲法は「憲法とは公権力の行使を制限するために主権者が定める根本規範である」 という基本を押さえた上で現実に合わせ議論を重ねて変えるべきを変える。

<自治体議員(堺市議会議員・大阪府議会議員)の経験から>
  • 徹底した地域主権・地方分権システムの確立。
  • 税金の無駄遣いの改革(徹底した行財政改革)。
  • 地域コミュニティの再構築。
<報道記者の経験から>
  • 情報公開・参画の徹底。
  • 情報発信力をつけること。(歴史・文化などソフトパワーを発信。)
  • 情報戦略の構築。(国際情報の収集・整理・活用。)
<国際ボランティア(NGO)・地域ボランティア(NPO)の経験から>
  • 「がんばる(顔晴る)」様々な現場をつなぐネットワークづくり。
  • 寄付控除制度など継続的な活動のための財政基盤の確立。
  • 国際貢献のため、地球規模の協力体制づくり。
<大学講師の経験から> 教育改革。
  • みずから選択できる力。
  • 社会人・生活者・消費者としての判断力の涵養。
  • 人材への徹底した投資。国際的な奨学金制度の充実など。
  • 社会として培ってきた伝統文化や産業の継承・発展・創意等による知的財産立国へ。
  • それぞれの現場で責任をしっかりもつことで、この社会をたてなおすことができると信じます。